お便り

2016年1月27日 先崎さんが作られるシャツは、着物をリフォームしています。 着物の柄を洋服にとりいれるのは、難しいと思っていましたが、仕上がったシャツを見ると柄が、それによくあっています。しかも、絹だから着心地はいいはず。ハワイのアロハシャツは、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が、「着物をシャツにしてくれ」と頼んだのが起源だとか。
2016年1月6日 「オーストラリアでチョークアートを学び、  日本でチョークアート作家として活動を始めてからちょうど8年が経ちました。  以前より作りたかったカレンダーを販売していただくことになり、  一緒に、カレンダー原画展も開いて、多くの方に見ていただきたいと思い  開催に至りました。  白墨堂初の個展となります。  どうぞ皆さまのお越しをお待ちしております。」
2015年12月18日 最近の若い人は、帽子をかぶって楽しんでいる人が多いですね。 レストランとかで帽子を脱がなくていいのかKawabata Kayokoさんにお聞きしたところ、帽子のつばで自分の顔がかくれてなければ相手に失礼ではないとのことでした。よほどかしこまったところでは、いろんなご意見があるとはおもいますが。私も、一つ購入させていただきました。いままで帽子をあまりかぶらなかったのですが、冬は、暖かいです。おしゃれなだけではなく、実用性があり、かぶっていると上着一枚来ている位暖かいと思いました。 kawabataさんは、生地にこだわり、インポートのものを使っています。
2015年11月18日 アフリカのナマクアランドの花園は、春、ほんの数日から数週間の間だけあらわれて、消えてしまうそうです。 それを澤野新一朗氏が写真に撮り、それを石井良恵さんが布に転写したそうです。懐美館は、お花畑のようになりました。
2015年10月23日 10月23日、演劇朗読会、お客様と朗読を聞く距離が近く臨場感あふれる会でした。演出家の池田練悟氏は演劇をこよなく愛し、広めたいと思っています。演劇が想像力を養います。学び、遊び、つながろうをスローガンに、体験こそ人を(自分を)変えることができると熱くかたります。その後の懇親会もよい交流の場になりました。
2015年10月10日 10月10日、内覧会とオープニングパーティーをおこないました。 車を処分したら、ガレージが空き、面白い生活感のあるスペースができました。7月に入れ物だけ完成しました。いろんなことが不備のまま、少しづつ縁のある方々におかししてましたが、なんとかこの日に正式にオープニングができ、皆様に告知することができたことがうれしくおもいます。たくさんの方々が、かけつけてくださり、本当に感謝で一杯です。 ここで創造する方々の応援していきたいと思います。 代官山から2分という恵まれた立地で人が集まりやすいこと、通りに面していること、作品、人とつながりを濃くしてくれる広さの空間です。私も懐美館...
1 ... 14 15 16 17 18
月別アーカイブ

ギャラリーへのお問い合わせ、ご利用申込みはこちらにて承ります

お問い合わせ