お便り

2015年9月22日 林明子さんは、ファーマーズテーブルで売っていた毛布を鞄にしたら友達がほしいというので、また毛布を買いにいったら、そこのオーナーに鞄をつくらないかといわれ、依頼、オーナーが身に着ける鞄をイメージしてつくり続けているといわれていました。 どこまでこだわる機能的で使いやすい鞄たちです。 お菓子を展示販売しているのは、竹内知穂さん。 林さんと竹内さんとコラボしていろいろな企画をされているようですが、食も含めて生活を楽しむ企画を考えているようです。
2015年9月19日 江原さんの、ボディペインティングに使うヘナは、植物繊維で2~3週間で消えます。中国、インドでは、結婚、妊娠、出産にまつわる護符的役割のものとしても施されることも多いそうです。
2015年9月13日 今日から、Oumaさんの展示、昨日までの展示で使っていた机などをあわただしく片づけた。 Oumaさんは、質問をぶつけると、即座に答えが帰ってくる。 ニューヨークで開いた個展の話など、聞かせてもらった。ニューヨークは作品を売るのが当たり前だそうだ。Oumaさんにアーティストを応援してほしいといわれる。ギャラリーをするからには、売るということも考えていかなければいけないと思うと身がひきしまる。 短冊の紙とキレでできたものを好きなものに変えるインスタレーションの作品と、和紙の細胞の形の切り絵の大きな作品、を天井からつるしている。 切り絵は赤、黒、白でいろんな角度から写真を撮る...
2015年9月3日 8月29日 山形のいながわや画廊の蔵出しセールが始まった。運送屋さんに運んでもらう時100万ぐらいする壺を割ってしまったらしい。山形いながわやの大きさが想像できる。 ついこの間、ここの2階のTHIS PHOTOでチェロのミニコンサートを開催し、美しい音色を響かせていた娘さんからの申し込みでおこなわれた。 お母様がギャラリーに詰めていることが多く「土地柄ですかね。2割ぐらい物の価値がわかるお客さんが来てくれた」とおっしゃった。 前宣伝もなく、お客様が入ってくれた。
2015年7月16日 石井麻木の展示会 2日前に告知し、5日しかギャラリーを利用していないのに、200人の来客があった。この懐美館の展示をめざして急ぎ足で来てくれた人達の様子をみていると、麻木さんの活動を応援していることがよくわかる。 本人と震災のことをゆっくり座って話すなんことが今までなかったみたいで、来館してくれた人たちは、よろこんでくれたよう。 麻木さんは、東北に月命日には必ず行くという。東北の被災者にずっと寄り添ってきた人である。
1 ... 19 20 21
月別アーカイブ

ギャラリーへのお問い合わせ、ご利用申込みはこちらにて承ります

お問い合わせ